トップページ | 2006年7月 »

『シンギュラリティ・スカイ』

先日ローカス賞を受賞した作者の第一長編、さっそく届きました。訳者の金子浩さんからのいただきものです。表紙はすごくいい感じですね。謎のセーラー服少女もいないし。

「究極のAIエシャントンの出現により地球総人口の9割が銀河各地に強制植民させられたシンギュラリティ後の宇宙を、奔放な想像力と最新の科学知識で描く超話題作!」

オンライン書店の登録はまだみたいなので、とりあえず早川書房のサイトをどうぞ。

|

ローカス賞

発表になりましたが、ちょっと作者の名前で選びすぎのような。

長編賞を受賞したチャールズ・ストロスは、第一長編『シンギュラリティ・スカイ』がもうじき邦訳刊行されます。

|

しかし

ネタがないことに変わりはないのでした……

とりあえず、ワールドカップ観戦は一日二試合まででがまんしています。日本代表の悔いなき奮闘を祈ります。

|

新規開店

いままでのウェブサイトの更新頻度があまりにも低くなり、一部同業者から安否を心配されるようになってしまったので、ワールドカップ開幕を機に、ココログで新規開店することにしました。

基本的な内容はいままでと変わりません。訳書と担当作家に関する情報を可能なかぎりお伝えするよう努力したいと思います。

旧サイトはプロフィール専用サイトとして保存し、訳書一覧や作品紹介などの情報はそのまま更新していきます(右側の「プロフィール」から移動できます)。なお、ムサシ写真館だけはこちらに引っ越しました。

今後もどうぞよろしくおねがいします。

|

トップページ | 2006年7月 »