« ローカス賞 | トップページ | 『ぼくがカンガルーに出会ったころ』 »

『シンギュラリティ・スカイ』

先日ローカス賞を受賞した作者の第一長編、さっそく届きました。訳者の金子浩さんからのいただきものです。表紙はすごくいい感じですね。謎のセーラー服少女もいないし。

「究極のAIエシャントンの出現により地球総人口の9割が銀河各地に強制植民させられたシンギュラリティ後の宇宙を、奔放な想像力と最新の科学知識で描く超話題作!」

オンライン書店の登録はまだみたいなので、とりあえず早川書房のサイトをどうぞ。

|

« ローカス賞 | トップページ | 『ぼくがカンガルーに出会ったころ』 »