« 『シンギュラリティ・スカイ』 | トップページ | ジョン・W・キャンベル記念賞 »

『ぼくがカンガルーに出会ったころ』

浅倉久志さんの初のエッセイ集。翻訳コラム、訳者あとがき、SF論考のほか、膨大な翻訳リストも収録。おまけで商業誌未発表の難解翻訳短篇「ドア」も。

もちろんSFスキャナーも収録されていますが、既訳作品を紹介した回がはぶかれているのは残念。このころのスキャナーは、バックナンバーで買い集めたSFマガジンでむさぼるように読んでいました。それぞれの題名を見ただけで内容が思い浮かぶのには、われながらびっくり。

SFや翻訳にすこしでも興味のある方、問答無用で買いましょう。

|

« 『シンギュラリティ・スカイ』 | トップページ | ジョン・W・キャンベル記念賞 »