« 『老人と宇宙(そら)』発売 | トップページ | 出足好調? »

SF作家の稼ぎ

『老人と宇宙』の作者、ジョン・スコルジーが、昨年度のSF作家としての稼ぎについてブログで公表しています。これだけくわしい内訳を知る機会はまずないので、なかなか興味深いものがありました。

簡単にまとめると、印税が$15,000、外国語に翻訳されたぶんの収入が$20,000、これから出る作品のアドバンスが$30,000、その他雑誌短篇などの収入が$2,000で、合計が$67,000。駆け出しのSF作家としてはなかなかのものです。

『老人と宇宙』とその続編の売れ行きがよかったせいで、Torと新たに契約した三冊の長編のアドバンスは一冊あたり$25,000にあがったとのこと。ただ、現在は、べつに契約したThe Android's Dreamの続編にとりかかっているようです。こうやってどんどん先の本の契約を結んでしまうというのは、ありがたい反面、プレッシャーにもなるんでしょうね。

|

« 『老人と宇宙(そら)』発売 | トップページ | 出足好調? »