« SF作家の稼ぎ | トップページ | 『ガラスのなかの少女』 »

出足好調?

訳書の売れ行きを見るために、ジュンク堂の在庫数を毎日ながめているんですが、『老人と宇宙』のすべりだしはなかなか好調です。やっぱりタイトルと表紙のおかげでしょうか。

22日に13冊だったのが、翌日には8冊、その翌日には5冊と順調に減り、きょうはとうとう残り1冊に。これは朝の時点の在庫でしょうから、じき在庫切れになりますね。せっかくの日曜日だというのにもったいない。補充してくださーい。

あまりあてにならないamazonの順位は3桁と4桁のあいだをうろうろ。ちなみに、近所の本屋には一冊しか入荷していませんでした……

|

« SF作家の稼ぎ | トップページ | 『ガラスのなかの少女』 »