« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

ヒューゴー賞候補作

スコルジーのブログに候補作リストがありました。

長篇部門に、スコルジーが去年激賞していたピーター・ワッツのBlindsightがはいっています(SFマガジンの今月号で加藤逸人さんも紹介しています)。この作品は、いまのところ全文がネットで公開されていますので、興味のある方はどうぞ。

今年は日本で開催されるワールドコンの参加者が投票することになるので、事前にSFマガジンで一部の中短篇が翻訳されると思いますが、このラインナップだとわたしのところに話が来そうなのは……

|

SFマガジン5月号

B000o75fe001_ss500_sclzzzzzzz_v24562380_早川書房から届きました(amazon)。

新装版〈異色作家短篇集〉の完結を記念した、2号連続の異色作家特集の第一弾。この号では英米の作家をセレクトということで、マイクル・ビショップ、ハーヴェイ・ジェイコブズ、J・G・バラード、チャールズ・ボーモントの短篇が掲載されています。監修は中村融さん。

わたしが担当したマイクル・ビショップの1978年の短篇「合作」(Collaborating)には、木村タカヒロさんのすてきなイラストがついています。

|

増刷決定

というわけで、早川書房から『老人と宇宙(そら)』の増刷が決定したとの連絡がありました。ひさしぶりのことなのでたいへんうれしいです。

作者のスコルジーさんと、優秀な編集者と、すてきなイラストを描いてくれた前嶋重機さんと、図書館やBOOKOFFを待たずに購入してくださった読者のみなさんに感謝。とりあえずamazonにさっさと入荷してほしいんですが、増刷分の出荷は4月上旬ごろの予定。もうしばらくお待ちを。

ネットでの評判も上々。いろいろな人の感想をながめていると、口コミでひろがっていく感じがよくわかっておもしろいですね。うまくすれば続編の翻訳という話になるかもしれませんが、こればっかりは……

|

在庫切れ

『老人と宇宙(そら)』、amazonでは本格的に在庫切れになってしまいましたね。販売機会の損失だなあ。bk1も24時間出荷ではなくなったし、ジュンク堂池袋本店の在庫はあと5冊……

しかし、こういうところにはまだたっぷり残っているのでした。

|

『大統領特赦』

410240921101_ss500_sclzzzzzzz_v43690306_ ジョン・グリシャムの新作が、ひさびさに新潮文庫から登場(amazon 上巻 下巻)。訳者の白石朗さんからのいただきものです。

「特赦で自由の身となった瞬間、世界の諜報機関が男を追った」

直球勝負のノンストップ・スリラー。解説の三橋暁さんが、グリシャムが超訳の世界からもどってきてくれてほんとうによかった、と書いています。そういえば、最近アカデミー出版は静かですね。どうなったんだろう。

|

SFマガジン

B000n4sgze01_ss500_sclzzzzzzz_v44951620_ いま書店にならんでいる4月号の112~113頁に『老人と宇宙』の紹介がのっています(amazon)。STORY紹介はかなりのネタバレなので、未読の方はご注意を。

あと、5月号の中村融さんが監修する〈異色作家特集Ⅰ〉で、マイクル・ビショップの短篇を訳します。最近出たオールディスの『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』(amazon)の短篇版、みたいな。

|

OMW日本版

スコルジーのブログで『老人と宇宙』の表紙が紹介されています。Amazonのサイトからコピーしている模様。気に入ってもらえたらしく、「顔がちゃんと緑色だ!」とよろこんでいます。ジェーンの胸がプレイメイトみたいだ、というつっこみに対しても、「兵士たちの設定がそうなってるんだから、まちがってはいないよ」と冷静に返答しています。

サイトの記述から4月30日発売だとかんちがいしているところを見ると、どうやら現物はまだ届いていないようですね。以前、ソウヤーが、早川書房は船便で本を送ってくると嘆いていましたが、いまでもそうなんでしょうか……

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »