« 『キルン・ピープル』 | トップページ | 『世界の涯まで犬たちと』 »

『処刑者たち』

どんどん行かないと。今年が終わってしまう。

41nmnxfrcrl_ss500_ ヴィレッジブックスから『ER襲撃』で登場したグレッグ・ハーウィッツの邦訳第二弾(上巻 下巻)。終結者ではありませんが、帯には「M・コナリーを凌ぐ迫真サスペンス!」とあります。元陸軍レンジャー部隊員を主人公とするシリーズの幕開けで、このあとにすでに3冊書かれているようです。

「一流のハラハラドキドキ本。洗練されていながら、悪のスパイスが利いている」――ジョー・ランズデール

|

« 『キルン・ピープル』 | トップページ | 『世界の涯まで犬たちと』 »