« 草思社、民事再生へ | トップページ | フィリップ・K・ディック賞候補作 »

『NEXT -ネクスト-』

年が明けてしまいましたが、まだまだ去年の本がつづきます。

4105ktfsgpl_ss500_ ご存じマイクル・クライトンの2006年の作品(上巻 下巻)。今回のテーマは遺伝子。バイオテクノロジーが飛躍的に進歩したいま、ジュラパのようにファンタスティックな物語ではすまなくなっているようです。

「事実とフィクションを一体化させ、遺伝子研究がもたらす驚愕の未来図を描く最新作」

訳者あとがきには、従来の作者の長篇とはことなる本書の複雑な構造について、DNA構造をイメージしたものではないかという興味深い指摘があります。

|

« 草思社、民事再生へ | トップページ | フィリップ・K・ディック賞候補作 »