« スコルジー書評 | トップページ | 巨大粒子加速器ついに稼働 »

『ライト』

03029948 M・ジョン・ハリスン、復活のSF長篇が、なんと国書刊行会から登場(amazon)。訳者の小野田和子さんからのいただきものです。なんというか、『ハローサマー、グッドバイ』以上に意表をつかれる表紙でした。二匹の猫はちゃんと本編で登場するようですが。

「めくるめく奇想と量子力学が織りなす究極のエクストラヴァガンザ――イギリスSFの巨匠によるポストモダン・ニュー・スペースオペラ降臨!」

これをきっかけに、また〈ヴィリコニウム〉ものが紹介されるといいですね。

|

« スコルジー書評 | トップページ | 巨大粒子加速器ついに稼働 »