« twitterユーザーが選んだ東京創元社の本2009 | トップページ | ゾーイの物語 »

『夜がはじまるとき』スティーヴン・キング

邦訳版は二分冊になったJust After Suntset(2008)の後半部分。
訳者のひとりである安野玲さんからいただきました。

キングの全作品中最恐ではないかといわれる「どんづまりの窮地」など全六篇。
解説はcocoさんで、「今日の早川さん」の特別出張版も収録。

夜がはじまるとき (文春文庫)
「夜がはじまるとき (文春文庫)」
 著者:スティーヴン キング
 出版:文藝春秋
 発売日:2010-01-08
 価格:¥ 670

|

« twitterユーザーが選んだ東京創元社の本2009 | トップページ | ゾーイの物語 »