« 『移動都市』ラジオドラマ化 | トップページ | キャンベル記念賞候補作2010 »

『創世の島』バーナード・ベケット

訳者の小野田和子さんからのいただきもの。
ニュージーランド出身の作者によるヤングアダルト小説ですが、紹介文を読むとものすごくおもしろそうですね。

時は21世紀末。世界大戦と疫病により人類は死滅した。世界の片隅の島に大富豪プラトンが建設した“共和国”だけを残して。彼は海上に高い障壁を作り、外の世界からこの国を物理的に隔離することで、疫病の脅威から逃れたのだ。同時に彼は、労働者、戦士、技術者、特権階級である哲学者で構成する社会を築き上げる。厳格な階級制度のもと、唯一生き残ったこの島は、人類の新たなる創世をもたらすと思われた。アダム・フォードという兵士が、漂流者の少女を助けるまでは…。そしていま、ひとりの少女がアカデミーの入学試験として、4時間にわたる口頭試問に挑もうとしていた。彼女の名はアナクシマンドロス、通称アナックス。試験のテーマは「アダム・フォード」。無感情な3人の試験官の前で、彼女は“共和国”建国の経緯や、その社会構造、歴史、AI(人工知能)の問題をつぎつぎに解き明かしてゆく…。最後の数ページ、驚天動地の結末が全世界で話題を呼んだ、エスター・グレン賞受賞の衝撃作。


創世の島
「創世の島」
 著者:バーナード ベケット
 出版:早川書房
 発売日:2010-06

|

« 『移動都市』ラジオドラマ化 | トップページ | キャンベル記念賞候補作2010 »