« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

「ヒロシマをめざしてのそのそと」ジェイムズ・モロウ

本日発売(予定)のSFマガジン5月号に、ジェイムズ・モロウの「ヒロシマをめざしてのそのそと」の後篇が載っています。2010年度のシオドア・スタージョン記念賞受賞作。3月号の英米SF受賞作特集から、前篇、中篇と載ってきて、今回でいよいよ完結です。

きついスケジュール(おもに訳者の個人的な事情による)にもかかわらず、ていねいに原稿を見てくれた担当編集者と、毎回イメージどおりのイラストを描いてくださった中村亮さんにはたいへん感謝しています。苦しいけれど幸せな仕事でした。

なお、この邦題は「ヒロシマをめざして、のそのそと」が正解です。「ヒロシマをめざしての、そのそと」ではありません。誤解をまねいた場合はごめんなさい。

S-Fマガジン 2011年 03月号 [雑誌]
「S-Fマガジン 2011年 03月号 [雑誌]」
 [雑誌]
 出版:早川書房
 発売日:2011-01-25
S-Fマガジン 2011年 04月号 [雑誌]
「S-Fマガジン 2011年 04月号 [雑誌]」
 [雑誌]
 出版:早川書房
 発売日:2011-02-25
S-Fマガジン 2011年 05月号 [雑誌]
「S-Fマガジン 2011年 05月号 [雑誌]」
 [雑誌]
 出版:早川書房
 発売日:2011-03-25


ちなみに、この作品は邦訳で300枚ほどあり、あちらでは薄い単行本として刊行されています。「ヒバクシャ」をテーマにした、期せずしてタイムリーな内容ですので、ほかの中篇と合わせて、どこかで本にしてもらえませんか。

Shambling Towards Hiroshima
「Shambling Towards Hiroshima」
 [ペーパーバック]
 著者:James Morrow
 出版:Tachyon Pubns
 発売日:2009-02

|

ネズミさがし

コッツウィンクルの『ドクター・ラット』、ようやくネット書店にも入荷したようです。
しかし、リアル書店での購入にはまだまだ苦労がある模様。

こちらはjettさんによる探書記
忘れがたい本になりそうですね。

|

『ドクター・ラット』

東日本はいろいろたいへんなことになっています。
被災地のみなさん、いっしょにがんばって生きましょう。


さて、書籍の物流の状況がよくわからないんですが、河出書房新社の〈ストレンジ・フィクション〉から、ウィリアム・コッツウィンクルの幻の名作、『ドクター・ラット』がもうじき刊行される予定です。

おそろしくも印象的なカバーイラストは近藤達弥さん
読んだ。唸った。いや、鷲掴みにされた」という解説は高橋源一郎さん。
楽しみにされていた方はがんばって手に入れてください。


ドクター・ラット (ストレンジ・フィクション)
「ドクター・ラット (ストレンジ・フィクション)」
 [単行本]
 著者:ウィリアム・コッツウィンクル
 出版:河出書房新社
 発売日:2011-03-16

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »