« 『ドクター・ラット』書評 | トップページ | 書評情報 »

書評情報

本日発売のナンクロメイト6月号に、牧眞司さんによる『ドクター・ラット』の書評が載っています。

「かなり凄まじい……」とウワサされつづけた幻の名作が、ついに日本上陸。読んでビックリした。うーん、こりゃ話題にもなるよ、伝説化されるよ。

牧さんをうならせる本を訳せるとうれしいですね。
めったにないことなので。

|

« 『ドクター・ラット』書評 | トップページ | 書評情報 »