« 星雲賞 | トップページ | 『ドクター・ラット』増刷決定! »

朝日新聞書評

『ドクター・ラット』が朝日新聞の書評で取りあげられなかった理由

ここで山形さんの書いている「近刊の自分の訳書」というのはなんだろうと思って調べてみました。ハロルド・ハーツォグ『ぼくらはそれでも肉を食う―人と動物の奇妙な関係』(柏書房)のことでしょうね。おもしろそう。

なにか表紙の犬の目つきにドクター・ラットと相通ずるものが...


ぼくらはそれでも肉を食う―人と動物の奇妙な関係
「ぼくらはそれでも肉を食う―人と動物の奇妙な関係」
 [単行本]
 出版:柏書房
 発売日:2011-06

|

« 星雲賞 | トップページ | 『ドクター・ラット』増刷決定! »