« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

『魔法の代償』マーセデス・ラッキー

訳者の細美遙子さんからのいただきものです。

マーセデス・ラッキーの〈ヴァルデマール年代記〉の一作、〈最後の魔法使者〉三部作。
その最終巻がこの『魔法の代償』です。

訳者あとがきによれば、年代記の刊行はまだまだ続く模様。
シリーズが途切れないのは、読者にとってはありがたいことですね...

魔法の代償 上 (最後の魔法使者3) (創元推理文庫)
マーセデス・ラッキー
東京創元社
2012-02-18
魔法の代償 下 (最後の魔法使者3) (創元推理文庫)
マーセデス・ラッキー
東京創元社
2012-02-18

ひとつまえの第二部もご紹介。

魔法の誓約上 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫)
マーセデス・ラッキー
東京創元社
2010-12-18
魔法の誓約下 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫)
マーセデス・ラッキー
東京創元社
2010-12-18

|

『SFが読みたい! 2012年版』

ただいま発売中の『SFが読みたい! 2012年版』で、昨年度の年間ベストが発表されています。

コッツウィンクルの『ドクター・ラット』は18位にぎりぎりすべりこみ。
SFマガジン読者の投票では6位でした。ご支援に感謝します。

ドクター・ラット (ストレンジ・フィクション)
「ドクター・ラット (ストレンジ・フィクション)」
 [単行本]
 著者:ウィリアム・コッツウィンクル
 出版:河出書房新社
 発売日:2011-03-16


大森望と山岸真の選ぶ「21世紀SF必読書ガイド100」には、ミエヴィル『アンランダン』、ソウヤー『イリーガル・エイリアン』、スコルジー『老人と宇宙3 最後の星戦』があげられていました。

アンランダン 上 ザナと傘飛び男の大冒険
「アンランダン 上 ザナと傘飛び男の大冒険」
 [ハードカバー]
 著者:チャイナ・ミエヴィル
 出版:河出書房新社
 発売日:2010-08-17
アンランダン 下 ディーバとさかさま銃の大逆襲
「アンランダン 下 ディーバとさかさま銃の大逆襲」
 [ハードカバー]
 著者:チャイナ・ミエヴィル
 出版:河出書房新社
 発売日:2010-08-17
イリーガル・エイリアン (ハヤカワ文庫SF)
「イリーガル・エイリアン (ハヤカワ文庫SF)」
 [文庫]
 著者:ロバート・J. ソウヤー
 出版:早川書房
 発売日:2002-10
最後の星戦 老人と宇宙3 (ハヤカワ文庫SF)
「最後の星戦 老人と宇宙3 (ハヤカワ文庫SF)」
 [文庫]
 著者:ジョン・スコルジー
 出版:早川書房
 発売日:2009-06-25

|

『エラスムスの迷宮』

訳者の小野田和子さんからのいただきものです。
2010年度のフィリップ・K・ディック賞を受賞した作品。

C・L・アンダースンは初紹介の作家と思われそうですが、じつはサラ・ゼッテルの別名義。しばらくファンタジイ方面で活躍していたようですが、本書の思わぬ好評を受けて、今後も続けてSFを書いてくれそうです。

エラスムスの迷宮 (ハヤカワ文庫SF)
「エラスムスの迷宮 (ハヤカワ文庫SF)」
 [単行本]
 著者:C.L. アンダースン
 出版:早川書房
 発売日:2012-02-05


小野田さんの訳したディック賞作品といえば、アダム=トロイ・カストロの『シリンダー世界111』。こちらは2009年度の受賞作です。お見逃しなく。

シリンダー世界111 (ハヤカワ文庫SF)
「シリンダー世界111 (ハヤカワ文庫SF)」
 [新書]
 著者:アダム=トロイ カストロ
 出版:早川書房
 発売日:2011-03


ちなみに、2011年度の受賞作はMark HodderのThe Strange Affair of Spring Heeled Jackですが、さて...?

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »