« 世界幻想文学大賞2012 | トップページ | 『アンドロイドの夢の羊』電子版 »

書評七福神の十月度ベスト

翻訳ミステリー大賞シンジケートのサイトで発表になった十月度ベストで、北上次郎さんがスコルジーの『アンドロイドの夢の羊』をとりあげてくださっています。

物語の背景も、登場人物の造形も、もちろんいいが、ジョン・スコルジーはストーリーの転がし方が実にうまい。ようするに娯楽小説の職人なのだ。だから一気に読まされる。

たしかに、アクションシーンの描き方はかなり古典的です。冒険小説としての基礎がしっかりしているのも、ハインラインに通じるところかもしれません。

|

« 世界幻想文学大賞2012 | トップページ | 『アンドロイドの夢の羊』電子版 »