« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2010年 第44回星雲賞

広島でひらかれた日本SF大会〈こいこん〉の席上で、今年の星雲賞が発表になり、ジョン・スコルジーの『アンドロイドの夢の羊』が海外長篇部門の受賞作となりました。読者のみなさんの御支持に感謝します。

作者のスコルジーさんの反応はこちら

はじめて作者からこの作品の内容紹介があったとき、第一章がまるごと”おなら”のギャグで進むと聞いて、日本での紹介はむりかなと思っていたんですが、実際には、ちょっとなつかしささえおぼえる正統派の冒険SFに仕上がっていました。

続篇については、「書きかけたけれど、うまくいかなかったので中断」という段階で止まったままですが、よごれ仕事を押しつけられる主人公ハリー・クリークというキャラは、〈老人と宇宙〉シリーズに登場するハリー・ウィルスンに統合吸収されたと考えていいと思います。最新作The Human Divisionでは、そちらのハリーが大活躍しますので、どうぞお楽しみに。

なお、コミック部門ではホーガン原作、星野之宣著の『星を継ぐもの』が受賞しました。星野さんは北海道在住とのことで、真夏の広島に足を踏み入れる気力はなかったようです。

|

『私は世界の破壊者となった』書評

産経新聞に書評が載りました。
すでにウェブサイトのほうにもアップされています。

原爆開発の「マンハッタン計画」の過程を静謐(せいひつ)なタッチで丹念に追っていく。

amazonにも感想が出ましたが、そのほかに、こんな感想も。

そこにはオッペンハイマー博士の苦悩が記され、世界の苦しみが描かれ核兵器という存在への畏れを今に刻みつける。

|

『私は世界の破壊者となった 原子爆弾の開発と投下』

新刊の紹介です。

ひょんなことからイースト・プレスの編集者に依頼されたお仕事。

原子爆弾がいかにして開発され、広島・長崎に投下されたかを、だれにでもわかりやすくグラフィックノベル形式(要するにコミック)で描いた作品です。311以降の作品なので、どこぞの爆発した原発の絵も(ひとコマですが)登場します。

発売は7月13日。ただいま予約受付中。

この作品の翻訳にあたっては、昔ハヤカワ文庫SFで『臨界のパラドックス』という作品をやったときに集めた資料が役に立ちました。近々広島へ行く機会があるので、またドームを見てこようと思っています。

|

ローカス賞2013

LOCUSのサイトで発表になりました

驚愕したのはSF長篇部門の結果。まさかまさかのスコルジー受賞。
ベスト5にはいっただけでも驚いていたんですが。いやはや。

作者の反応はこんな感じです。授賞式には出席できなかった模様。そういえば、候補になった段階でイアン・M・バンクスにとってほしいと言ってましたね...

小説部門の結果を引用しておきます。ミエヴィルはヤングアダルト長篇部門で受賞。

SCIENCE FICTION NOVEL

  • Redshirts, John Scalzi (Tor; Gollancz)
  • The Hydrogen Sonata, Iain M. Banks (Orbit US; Orbit UK)
  • Captain Vorpatril’s Alliance, Lois McMaster Bujold (Baen)
  • Caliban’s War, James S.A. Corey (Orbit US; Orbit UK)
  • 2312, Kim Stanley Robinson (Orbit US; Orbit UK)

FANTASY NOVEL

  • The Apocalypse Codex, Charles Stross (Ace; Orbit UK)
  • The Killing Moon, N.K. Jemisin (Orbit US; Orbit UK)
  • The Drowning Girl, Caitlín R. Kiernan (Roc)
  • Glamour in Glass, Mary Robinette Kowal (Tor)
  • Hide Me Among the Graves, Tim Powers (Morrow; Corvus)

FIRST NOVEL

  • Throne of the Crescent Moon, Saladin Ahmed (DAW; Gollancz)
  • vN, Madeline Ashby (Angry Robot US; Angry Robot UK)
  • Seraphina, Rachel Hartman (Random House; Doubleday UK)
  • The Games, Ted Kosmatka (Del Rey; Titan)
  • Alif the Unseen, G. Willow Wilson (Grove; Corvus)

YOUNG ADULT BOOK

  • Railsea, China Miéville (Del Rey; Macmillan)
  • The Drowned Cities, Paolo Bacigalupi (Little, Brown; Atom)
  • Pirate Cinema, Cory Doctorow (Tor Teen)
  • Dodger, Terry Pratchett (Harper; Doubleday UK)
  • The Girl Who Fell Beneath Fairyland and Led the Revels There, Catherynne M. Valente (Feiwel and Friends; Much-in-Little)

NOVELLA

  • After the Fall, Before the Fall, During the Fall, Nancy Kress (Tachyon)
  • “In the House of Aryaman, a Lonely Signal Burns”, Elizabeth Bear (Asimov’s1/12)
  • On a Red Station, Drifting, Aliette de Bodard (Immersion)
  • “The Stars Do Not Lie”, Jay Lake (Asimov’s 10-11/12)
  • The Boolean Gate, Walter Jon Williams (Subterranean)

NOVELETTE

  • “The Girl-Thing Who Went Out for Sushi”, Pat Cadigan (Edge of Infinity)
  • “Faster Gun”, Elizabeth Bear (Tor.com 8/12)
  • “Close Encounters”, Andy Duncan (The Pottawatomie Giant & Other Stories)
  • “Fake Plastic Trees”, Caitlín R. Kiernan (After)
  • “The Lady Astronaut of Mars”, Mary Robinette Kowal (Rip-Off!)

SHORT STORY

  • “Immersion”, Aliette de Bodard (Clarkesworld 6/12)
  • “The Deeps of the Sky”, Elizabeth Bear (Edge of Infinity)
  • “Mantis Wives”, Kij Johnson (Clarkesworld 8/12)
  • “Elementals”, Ursula K. Le Guin (Tin House Fall ’12)
  • “Mono No Aware”, Ken Liu (The Future Is Japanese)

ANTHOLOGY

  • Edge of Infinity, Jonathan Strahan, ed. (Solaris US; Solaris UK)
  • After, Ellen Datlow & Terri Windling, eds. (Hyperion)
  • The Year’s Best Science Fiction: Twenty-ninth Annual Collection, Gardner Dozois, ed. (St. Martin’s Griffin; Robinson as The Mammoth Book of Best New SF 25)
  • The Future Is Japanese, Nick Mamatas & Masumi Washington, eds. (Haikasoru)
  • The Best Science Fiction and Fantasy of the Year: Volume Six, Jonathan Strahan, ed. (Night Shade)

COLLECTION

  • Shoggoths in Bloom, Elizabeth Bear (Prime)
  • The Best of Kage Baker, Kage Baker (Subterranean)
  • At the Mouth of the River of Bees, Kij Johnson (Small Beer)
  • The Unreal and the Real: Selected Stories Volume One: Where on Earth and Volume Two: Outer Space, Inner Lands, Ursula K. Le Guin (Small Beer)
  • The Dragon Griaule, Lucius Shepard (Subterranean)

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »