« 凍りついた空 -エウロパ2113- | トップページ | 『火星の人』アンディ・ウィアー »

『2312 太陽系動乱』

こちらは金子浩さんからのいただきもの。

キム・スタンリー・ロビンソンひさびさの紹介。
渡邊利通さんによる力のこもった解説はこちら

同じ水星の移動都市を舞台にした短編「三十三枚目のルーアン大聖堂事件」(原題Mercurial)をSFマガジンで訳したこともあり、この本は出たときから気になっていました。H書房をどうやって説得しようかと考えていたとき、東京創元社の編集者から版権とったと聞いてびっくりしました。

まさか『ブルー・マーズ』より先に出るとは・・・。

|

« 凍りついた空 -エウロパ2113- | トップページ | 『火星の人』アンディ・ウィアー »