« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

『逆行の夏』ジョン・ヴァーリイ

ジョン・ヴァーリイの傑作選。名作「残像」の新訳で参加させてもらいました。
この歳になってまさかヴァーリイを訳す機会がくるとは。

ヒューゴー、ネビュラ、ローカス各賞を総なめにした「残像」は、1978年の作品ですが、背景設定をすっかり忘れていたので、「オマハの原子炉がメルトダウンして、放射性物質が風下側へ600キロにわたって帯状にぶちまけられ、難民の住む町が”ガイガータウン”と呼ばれて忌避されている」などという描写が出てきたときにはぞっとしました。

しかし、この短編集最大の驚きは、大野万紀さんのあとがき。〈八世界〉シリーズの全短編13編を収録した短編集が、東京創元社から年内に刊行予定とか。

ここでいう〈八世界〉シリーズには、アンナ=ルイーゼ・バッハが登場する作品群は含まれないようなので、13編というのは以下の各作品になると思われます。

「ピクニック・オン・ニアサイド」(1974)
「逆行の夏」(1975)
「ブラックホール通過」(1975)
「鉢の底」(1975)
「カンザスの幽霊」(1976)
「歌えや踊れ」(1976)
「汝、コンピューターの夢」(1976)(「メモリーバンクは引き出し超過」)
「びっくりハウス効果」(1976)
「イークイノックスはいずこに」(1976)
「さようなら、ロビンソン・クルーソー」(1977)
「ブラックホールとロリポップ」(1977)
「選択の自由」(1979)
「ビートニク・バイユー」(1980)

で、既訳のバッハものが以下の4作品ですが、あと一篇、『最後の危険なヴィジョン』に収録されるはずだったThe Bellman(執筆は1978)という中篇だけが未訳で残っています。どうせなら、これを前述の短編集のおまけに入れるとか。バッハものだけで一冊にまとめるとか。

「バガテル」(1974)
「バービーはなぜ殺される」(1978)
「ブルー・シャンペン」(1981)
「タンゴ・チャーリーとフォックストロット・ロミオ」(1985)

|

『ゼンデギ』

山岸真さんからは、イーガンの新作『ゼンデギ』をいただきました。

説明不要ですね。いつもより読みやすいとか。

|

『ドクター・スリープ』

白石朗さんからは、スティーヴン・キングの新作『ドクター・スリープ』。これまた大作です。『シャイニング』の続篇というだけで、読まないわけには。

|

『寄港地のない船』オールディス

中村融さんからは、ブライアン・オールディスの第一長編『寄港地のない船』をいただきました。問答無用で買いです。

竹書房のSF好き編集者のがんばりで実現した企画です。帯の推薦文が貴志祐介さんというのは、なるほどと思いました。今後も大いに期待しましょう。

もう一冊は、『街角の書店』という魅力的な題名のアンソロジー。こちらも変わり者の編集者がいたおかげで実現した企画。パッケージもいいですね。〈奇妙な味〉の短編がお好きな方に。

|

『軌道学園都市フロンテラ』

続いて、やはり量産を続ける金子浩さんから。

まずはキャンベル記念賞受賞作の『軌道学園都市フロンテラ』。作者のジョーン・スロンチェフスキは長篇の邦訳は初めて。理系の女性作家です。

もう一冊は、新人マルコ・クロウスの第一長篇、『宇宙兵志願』。kindleで自費出版した作品が認められて書籍版の刊行につながるという、最近よくあるパターン。帯に”ジョン・スコルジー絶賛!”とあるのを見ると、時の流れを感じます。

|

『ラットランナーズ』

いただいた本がたまっています。
まずは、相変わらずどんどん本が出る中原尚哉さんから。

オシーン・マッギャン、初の邦訳となる『ラットランナーズ』は、”都市冒険SFの新星登場”となっています。ヤングアダルト、でいいのかな?

続いて、〈海軍士官クリス・ロングナイフ〉の第6弾、『王立調査船、進撃!』。海賊退治のお話らしいです。

もうひとつは、カードのヒューゴー・ネビュラ受賞作、『死者の代弁者』の新訳版。『エンダーのゲーム』の映画化の流れなんでしょうか。残念ながら、映画の続篇はなさそうですが。

|

ローカス賞2015

LOCUSのサイトで発表になりましたので、小説部門のみ転載。

SF長篇部門で上位5作に入っていたスコルジーのLock Inは、残念ながら受賞を逃したようです。

SCIENCE FICTION NOVEL

FANTASY NOVEL

FIRST NOVEL

YOUNG ADULT BOOK

NOVELLA

NOVELETTE

  • “Tough Times All Over”, Joe Abercrombie (Rogues)
  • “The Hand Is Quicker”, Elizabeth Bear (The Book of Silverberg)
  • “Memorials”, Aliette de Bodard (Asimov’s 1/14)
  • “The Jar of Water”, Ursula K. Le Guin (Tin House #62)
  • “A Year and a Day in Old Theradane”, Scott Lynch (Rogues)

SHORT STORY

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »