« 『宇宙の戦士』について | トップページ | 『ナイト』ジーン・ウルフ »

『宇宙の戦士』のエイプ問題

新訳の『宇宙の戦士』で、旧訳の「モンキー野郎ども」がなぜ「エイプども」になったのか、疑問に思われる方も多いようです。

ハインラインの原文は“Come on, you apes! You waana live forever?”。これを新訳版では「どうした、エイプども! そんなに命が惜しいのか?」としています。

まあ、ひっかかりますよね。

まず大前提として、人間=ヒューマン、類人猿=エイプ、猿=モンキーということがあります。ランク的にもこの順番です。

本文中で、ズィム軍曹が「おまえたちエイプは――いや、エイプではないな。そんな立派なものじゃない。おまえたちは胸くそ悪い猿そのものだ」と言っていることもあり、できれば猿を意味する言葉は避けたい。それで、「モンキー」とか「エテ公」は却下になりました。

類人猿方面で「チンパン」とか「ゴリ」なんていうのも考えましたが、ますます珍妙な訳文になりそうです。

この引用文については、なぜ第一次大戦当時の軍曹がapesなんて言葉を使うんだろうと疑問に思ったんですが、調べてみたら、本来の原文はapesではなくsons of bitchesでした。かなり汚い言葉なので青少年むけにはふさわしくないと作者が判断したのか、機動歩兵のゴリラっぽい姿にひっかけたのかはわかりません。

海兵隊のある軍曹が、部隊がドイツ軍の攻撃で釘付けになっているときに、ひとり立ちあがって兵士たちに叫んだ言葉とされています。愛する部下たちを、きつい言葉で叱咤激励したわけです。けっして罵倒しているわけではありません。

そういうことなら、ふつうに「どうした、野郎ども」とか「どうした、貴様ら」みたいな訳文にすれば、日本語としてもしっくりきます。

しかし、ハインラインがあえてapesに変えたのかどうかはわかりませんが、本文中で頻繁に使われる言葉である以上、ここでも訳語は合わせておかなければなりません。

どうやってもひっかかるなら、中途半端な置き換えはやめて、原文そのままでいこうという結論になったわけです(なにかのコミックで「エイプ」が罵倒の言葉として使われているのを見たことも、決断のひとつの材料になりました。もう、エイプが通じないと思うこと自体が古い感覚なのかなと。そういえば、新しい〈猿の惑星〉シリーズでもエイプがふつうに使われていました)。

なお、旧訳の「人間一度は死ぬもんだ」はすばらしい名訳なので、そのまま残そうかとも思ったのですが、エイプと言っておきながらすぐ人間に格上げするのもなんなので、最終的にこういう訳文になりました。

まえにも書きましたが、こうした訳語の選択についても、絶対の正解というものはないので、悩みは尽きません。

|

« 『宇宙の戦士』について | トップページ | 『ナイト』ジーン・ウルフ »