« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

21世紀のSFベスト100

これもいまさらの話ですが、本の雑誌の11月号「2015年SFの旅」特集で、独断と偏見に満ちた21世紀のSFベスト100が発表されていました。

ミエヴィルの『言語都市』が13位(翻訳物だけなら5位)、スコルジーの〈老人と宇宙〉シリーズが37位(翻訳物だけなら15位)に入っています。

|

ソウヤーの新作

久しぶりに、ロバート・J・ソウヤーの新作の内容が公表されています

タイトルは『Quantum Night』。刊行予定は来年の3月。
あらすじを読むかぎりでは、ソウヤー節炸裂という感じですが、さて……。

|

映画化されたSF小説

『宇宙の戦士』がらみで、こんな記事も見つけました。

「映像化が最もファンの怒りをかったSF小説」なんて書かれていますが、それよりも、最後に引用されているamazonの読者レビュー(旧訳版)が興味深いですね。

|

TORの読者選出ベスト

今年のまとめ的なことがいろいろと。

TORのサイトでは、Twitterのフォロワー投票による、2015年のベスト長篇が発表されています。ここでも、ピアース・ブラウンの〈レッド・ライジング〉三部作の第二弾、Golden Sonが入っていますね。たいした人気です。

|

『クロックワーク・ロケット』グレッグ・イーガン

〈新☆ハヤカワ・SF・シリーズ〉では、待望のイーガンの三部作がスタート。
これまた分厚い。表紙いいですね。

山岸真さんからのいただきものですが、今回は初めて中村融さんとの共訳。
ロケットと言えば……ということでしょうか。楽しみです。

|

『ウィザード』ジーン・ウルフ

ジーン・ウルフの大作ファンタジイ、いよいよ後編が上下巻で登場。

さらに分厚くなっていますが、お値段据え置きは良心的。
四冊そろえると表紙が大きな一枚の絵になります。

|

『中継ステーション』

さらに山田順子さんからのいただきもの。

説明不要の名作の新訳版。〈ハヤカワ文庫補完計画〉の一冊ですね。1964年度ヒューゴー賞受賞作。

シマックの本が出るのはずいぶん久しぶりのような気がします。この勢いで『都市』もいったらどうでしょう。あとは短編の傑作選とか。

|

『火打箱』と『12人の蒐集家/ティーショップ』

山田順子さんからのいただきものは二冊。

同じ東京創元社から同時刊行ということで、翻訳者の作業進行はたいへんだったようです。「ゲラは寂しがり屋」というのはやはり真理なのか(原稿をばらばらに渡しても、なぜかゲラはいっしょに帰ってくる)。

サリー・ガードナーの『火打箱』は、原書の凝ったレイアウトとイラストを再現するため、なんと横書きでの刊行。しかも二色刷。編集者の苦労が目に浮かびます。

ゾラン・ジゴヴィッチの『12人の蒐集家/ティーショップ』は短編集。「東欧の鬼才ジヴコヴィッチによる、摩訶不思議なファンタスチカの世界」とのこと。楽しそう。

|

週刊文春ミステリーベスト10

もう年末のベストが発表される時期になりましたが、週刊文春ミステリーベスト10での注目作は、なんといっても、ニック・ハーカウェイの『エンジェルメイカー』。

原書刊行時(またかよ)、時計職人が主人公というその設定だけに惹かれてちょっとだけ読んでみたところ、ものすごく好みの作品でした。某社編集者に話したところ、割と前向きな感じだったのですが、よく調べてみたら、まさにその某社の、なぜかミステリ部で版権をとっているとのこと。

なんでこんな無名作家の二作目のSFを? と思ったら、作者がル・カレの息子だったという……。それでもSFで出すべきだったんじゃないかとは思いますが、黒原敏行さんの翻訳で読めるなら、かえって幸せだった気がします。

|

『神の水』パオロ・バチガルピ

中原尚哉さんからのいただきもの。

バチガルピの今年出たばかりの新作長篇。だれにとっても絵空事とは言えない、水利権をめぐる争いを描く近未来SF。今年もう一冊SFを読むならこれですかね。

|

『叛逆航路』アン・レッキー

東京創元社からのいただきもの。

新人作家のデビュー長篇、しかもなかなか硬派な宇宙SFでありながら、その年のあらゆるSF賞を総なめにした話題作。今年、一冊だけSFを読むならこれですかね。

原書刊行時、某社編集者にこれおもしろいんじゃないのと言い続けていましたが、kindle版がなかなか買えないなあとか思っているうちに、東京創元社さんでの刊行が決まっていました。しかし翻訳はしんどそう……。

|

Goodreadsの年間ベストSF

Goodreads恒例の年間ベスト投票。

SF部門でピアース・ブラウン『レッド・ライジング』の続篇、Golden Sonがみごと第1位になりました。2位に二倍以上の差をつける、圧倒的な結果でしたね。

最終巻となる第三部Morning Starは、本国で来年の二月に刊行予定。主人公ダロウの運命やいかに。

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »