« 50代以上の男性が選んだ海外小説書籍ランキング | トップページ | 『あまたの星、宝冠のごとく』 »

『ロックイン』の書評

そろそろ感想がぽつぽつ出てきています。

今回は『レッドスーツ』とちがって読者の反応がさっぱり予想できません。

その中でも、SFマガジンで翻訳物レビューを担当している冬木糸一さんの書評がとてもよくまとまっているので、ご紹介しておきます。どんな話かよくわからない人は、とりあえずこれを読んでみるといいかもしれません。

まあ、たしかに「電脳刑事物」ではありますが、編集者が言うように、ロボット刑事とロボット不審者がフライパンと鍋で殴り合ったりするような話でもあります。ミステリファンの方も気楽に読める……かな?

|

« 50代以上の男性が選んだ海外小説書籍ランキング | トップページ | 『あまたの星、宝冠のごとく』 »