« 『ロック・イン』書評 | トップページ | 『ドローン・コマンド 尖閣激突!』 »

亡霊星域、パンドラの少女

東京創元社さんからのいただきものです。

アン・レッキーの『亡霊星域』は、各賞を総なめした前作の続篇。
こちらも英国SF協会賞とローカス賞を受賞しています。

もう一冊は、M・R・ケアリーの『パンドラの少女』。

印象的な表紙とタイトルに惹かれて原書をなんとなく読み始めたとき、冒頭から一気に引き込まれて、これはいけるんじゃないかと某社編集者に伝えたのをおぼえています。ええっ、こういうジャンルだったのかと。

編集者も乗り気になったんですが、残念ながら、そのときにはすでに他社に決まっていました。あまり話題になっていないようですが、エンタメ好きの読者はお見逃しなく。

|

« 『ロック・イン』書評 | トップページ | 『ドローン・コマンド 尖閣激突!』 »