« Head On | トップページ | スコルジー2018 »

『シルトの梯子』グレッグ・イーガン

訳者の山岸真さんからのいただきもの。

グレッグ・イーガン待望の新作(といっても原書刊行は2001年)。

突如誕生した新時空が、生存圏を飲みこんでいく。
それは新天地の誕生か? それとも故意の喪失か?

巻末には「いろもの物理学者」さんによる解説付き。
なにしろ物理学自体がちがう世界の話なので、いろいろたいへんです。

|

« Head On | トップページ | スコルジー2018 »