« スコルジー2018 | トップページ | 『時空のゆりかご』 »

『アルテミス』アンディ・ウィアー

訳者の小野田和子さんからのいただきもの。

『火星の人』(映画化名は〈オデッセイ〉)で大ヒットを飛ばした作者の、待望の第二長篇。今度は月面が舞台です。もうFOXで映画化が決定しているとか。

|

« スコルジー2018 | トップページ | 『時空のゆりかご』 »