« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

アダム・ロバーツ短篇

『SFマガジン4月号』が早川書房から届きました。

「ベスト・オブ・ベスト2017」という恐れ多い特集の中に、アダム・ロバーツの短篇がまぎれ込んでいます。

『ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者』のあとがきでご紹介した、「9と11のあいだ」というSFほら話。微妙に翻訳の困難な作品でしたが、あまりこまかいことは気にせずに楽しんでください。

|

『時空のゆりかご』

訳者の金子浩さんからのいただきもの。

"もうひとつの現在"を作り出してしまった、時間航行士の未来は!?

これまた映画化権が売れているようです。作者自身が脚本家出身ということで、みずから脚本を執筆中とか。

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »