« アダム・ロバーツ短篇 | トップページ | 『スタートボタンを押してください』 »

『スターシップ・イレヴン』S・K・ダンストール

東京創元社さんからのいただきもの。
新鋭作家の第一長篇。

このところ、あちらの書評サイトなどでちょっと気になった本は、だいたい東京創元社さんから翻訳刊行されますね。

これは中身を読んでもいなかったのでおもしろいかどうかわかりませんが、冒頭だけ読んでこれはなかなかと思ったムア・ラファティのSix Wakesも、ちゃんと『SFが読みたい!』の刊行予定に載っていました。

|

« アダム・ロバーツ短篇 | トップページ | 『スタートボタンを押してください』 »